パットンちゃん 誕生

  • 2020.01.28 Tuesday
  • 00:25

こんばんは。


今日はパットンちゃんの52回目の誕生日だった✨

けれど、日付が変わってしまった💦


1月27日だね。


毎年27日だったか?

えっ?26だっけ?

29かっ?!!

とか一人でこの時期思ってるんですが

そうそう、27日だね。

もういい加減覚えよ〜っと🎵


もうすぐTOMEは47だから

たったの5歳、お兄さんなだけ。


しかし、この頃のパットンちゃんときたら

.....



胸元にカーネーションくっつけてんじーねーよー(≧∀≦)


カッコイイけどツッコミたくなる

そんなにパットンちゃん。


格好良き〜〜💕

こんなカッコイイのに

なーーーんで惚れないのか

TOMEには理解出来ませんっ!


97年くらいのパットンちゃん



その辺の男が

こんな髪してたら笑うは。

この髪にヒゲだよ?!

凄いなー。

このオールバックが崩れた場面を想像してみ〜。なんてなんてセクシゥイーーなんでしょうねー。また眩しい目もカッコイイ。



だからカーネーション付けてんじゃね〜よ。


今も好きだけどさ...


なんで三つ編みなの??


三つ編みのパットンが好き

て人いるの?


三つ編みでもいいけどさ....

やっぱ三つ編みじゃない方が好きかな(>.<)


最近ちっともfaith no moreも

何にも聴いていなかったな。

久しぶりに聴いてみます。


無事に誕生日を迎えられて

本当に良かったです。

三つ編みでもいいよ。

長く続けて楽しませて下さいましよ。


さようなら


🌈







パットンちゃん好きの客

  • 2019.12.08 Sunday
  • 03:27

こんばんは(*^^*)

もう直ぐおはようですが...

まだ仕事終わってないけど 

朝になっちまう^_^;やばいなぁ〜


これから明日のお引き渡しの

焼き菓子詰め合わせを

準備しなくてはいけません。

何故かというと....

ご予約のお客さんが来ちゃうから(ノ^^)ノ

🎵らっしゃいらっしゃい🎵


その前に

急に全然更新していなかったブログなんぞ

開いたりして...

二度目の更新なんかしちゃったりして。


パットンちゃんの話なんか

しちゃったりなんかして。


実はですね。

いつかだったかな....

まだ夏の頃ですは、男性のお客さんがご来店。「ミスターバングルが好きなんですか?!」と仰いまして(≧∀≦)

つうか、ミスターバングル知ってんですか?!って逆に聞き返したいほどの驚き。


その後FAITH NO MOREやパットンちゃんの話で盛り上がり、

「あの曲が好きなんですよ!」

CDかけたりして

「あーーコレコレ!良いですよねー」

なんてことを一時間くらいやってました。


パットンちゃん好きご来店は初めてで

私もとっても驚きましたし

嬉しかったし、楽しかったですね〜🎵


ブログで歌詞の事やら書いてきたけど

そんなに何でも知っている訳では無いので

詳しい勉強熱心?^_^;

な方とお話し出来ると

とても楽しいですね。


もっと色々なパットンちゃん話

FAITH  NO MORE話

その他色々笑える話


コアなファンの方々と話してみたいものです。ご来店されたお客さんとも話していたんですが、ほんの数人でもいいから集ってみたいですねって。


3人でも

なんなら二人でも良いですよね

って、それじゃあTOMEと

そのお客さんだけじゃん(≧∀≦)


あの時のお客さん

また遊びに来てくださいな〜( ^o^)ノ


来年あたり

集いの計画でも立てて下さいまし。


人任せならTOME。


さようなら

🌈












why do you bother

  • 2018.10.21 Sunday
  • 00:40

Everything’s Ruined

  • 2018.09.15 Saturday
  • 03:03

TOMEちゃん

everything ’s ruined

聴いてます。


TOMEとしては

この曲って

最も明るい曲に思います。



全く

捨て曲

無しの

本当に

飽きないアルバム。


でも、あんまし好きじゃないのもある。


一曲目

land of sunshine

この曲って

TOMEの中では

just a man

と同類。



何故か

この二曲は

ブラジルの方に受けが良いような・・・


TOME

もしフィギュアスケートの

フリーの曲を選ぶとしたら

the real thing

と前々から決めてます。


羽生氏の

seimei

を超えるっしょっ。




超えるって

誰かこれで滑ってみ。

観客も何じゃコレ?!

って思うっしょ。


こうして

また、何にもならない

事を真剣に妄想してしまった。


そして今は

malpractice

素晴らしい絶叫。

ヘンな曲。


眠い


チャオ

💀



ライブ動画で頑張る

  • 2018.05.11 Friday
  • 03:52

皆さん、お元気ですか?


残業してます。

もう3:36

仕事は完璧、ではないけど

明日、頑張ってチャッチャッとやれば

どうにかなるかも...ならないかもだけど

寝ます。


母の日の準備をしています。

去年もやったように

カーネーションをおまけで付けるゼ

のギフトセットを用意します。

また明日お知らせするから

待ってなさいよ。


私、頑張りが利かない年齢なもんで

残業なんてするばずないじゃん

すぐ寝るに決まってんじゃん

て思ったけど


faith no moreのライブ動画を

流しながら頑張りました。

97年のドイツのライブ

93年のイギリスのライブ動画

をフルで聴きながら頑張った。


バンドはカッコイイけど

やっぱり面白いな、あいつ。


ガーーーと叫んだ後に

咳き込む所なんて、声出して笑っちゃう。


最近は仕事以外の仕事で

気忙しいのですが

TAKE THIS BOTTLEを勉強しています。


tomeちゃん、なんだかシットリめ

の曲で行きたい気分だったもんで。


久しぶりに勝手に訳して

が復活出来るかも。


じゃあ、ちょっと寝ます。


さようなら


🌈


お誕生日おめでとう!

  • 2018.01.28 Sunday
  • 00:31

お誕生日おめでとう!


誰の?


って思ったでしょ?


MIKE PATTON ちゃんの


お誕生日ですよっ!


ダレそれ?


って思ったでしょ?


さぁ誰でしょうね〜。


サボっていたブログ


久しぶりに更新


でももう終わり。


寝る。


そろそろやる気出して


書き込みしなくっちゃなぁ。


チャオ チャオ


🌈

Chuck Mosley

  • 2017.11.12 Sunday
  • 02:38

こんばんは。


FAITH NO MOREの前のボーカル

チャックのモズレーさんが

亡くなりました。

悲しいです。


今日はチャックのモズレーさんが歌う

アルバムを聴きました。


改めて、良い曲いっぱいですね。

明日も聴こう。


As the Worm Turns



Chinese Arithmetic


去年、必死で訳したな。

デタラメな訳でごめんなさい。

でも楽しかったなあ。

大好き曲。


We Care A Lot


さようなら

😢


DEAD CROSS

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 17:10

こんにちは!

聴きたくて聴きたくて

やっとこ聴くことのできたDEAD CROSS!

そして書きたかったブログ。


DEAD CROSSとは?

と語るほどメンバーについて詳しく

無いので気になる方は調べてね。


ボーカルは勿論!我等が誇る

MIKE PATTONちゃんですよ。


何が良いって

ボーカルのギャー💥グワァ〜〜💥

絶叫です。

私はPattonちゃんの絶叫が大の大の

大の大好きなのです。

何故って?!

意味を感じさせる叫びで🐾

意味、あるわけない!

でもその声は美すぅぃ〜〜〜✴

と思うほどで、TOMEにとっては

ただの叫び、絶叫を飛び越えて

芸術なんです。


音域は広いし

表現力も高いので

何通りもの絶叫があるんですよね〜

Pattonちゃんには。


今更ですが

私は、暗くそれでいて激しく

長い曲がわりかし好きなので

DEAD CROSSこのアルバムは

あまり好みでない部類。


でも、何度も聴いていると

この曲好きだっ((((*゜▽゜*))))

と発見するんですね。


やはりPattonの絶叫が肝の一曲目。


SEIZURE AND DESIST



曲の出だしとギターが

カッコいい5曲目は

Bauhaus のカヴァーです。

結構色々な方がカヴァー

している曲のようです。


BELA  LUGOSI’S DEAD



かっこいいライヴ





最初に気に入った

アルバム10曲目の締め。

CHURCH OF THE MOTHERFUCKERS



すごい曲目。

そのまんま書いちゃいました


怒りの感情から生まれた

アルバムだそうです。

歌詞を訳すのを楽しみにしていたのですが

対訳が付いていましたね。

英語の歌詞カードを付けて欲しかったな。


ちょっと歌詞を調べて

いつか自分の言葉で訳してみたい

と思っています。

全然進歩のない語学力・・・

悲しくなるわ😿


ギターはマイク・クラインという方。

私、この人のギター好きですね。

ギターリストらしからぬ風貌が

あちゃちゃでもありますが

母親と姉らしき方に挟まれて

リラックスした表情を見たら

笑えてきて(●´∀`●)

一気に気になる存在に急浮上!

Instaglamでは犬と戯れる動画が

アップされたりで・・・

綺麗なねえさんじゃないところが

微笑ましい。


アメリカツアーは盛り上がっていた

様子ですね。いいなぁ、観てみたいな。

パットンがボーカルでDEAD CROSSの

アルバムはまたありそうな気がします。


そうだっ!

Pattonちゃんファンにとっては

とてもとても大きなニュース

がありましたね!

なんと、スティーブン・キング原作

「1922」の映画音楽、サウンドトラック

(あちらではスコアーと言うのかな)

をパットンちゃん制作ですよーーーーっ!

凄い凄い!嬉しいです!


スティーブンキング原作ならば

日本でも公開されるのではないか?

映画公開前に、まずは原作を読み

この機会を何倍も楽しまなくては🎵


NETFLIXというネット配信で

見られる様です。

映画館で見たかったな。




早速購入して読み始めましたよ。

この場面に、いったいどんな曲を

のせてくるんだろう?

と想像するだけでワクワクします。


次に音楽の話を書けるのは

いつになるだろうか。

近頃、お陰様で忙しくしていて

落ち着かない毎日です。

TOMEの要領が悪いってこともあり🐥ピヨッ


その時まで

チャオ


💀


















Green Fields faith no more

  • 2017.07.22 Saturday
  • 02:53

こんばんはー。

今日のブログ内容は

お久しぶりのfaith no more

勝手に訳してです!


意外や意外

お陰さまでまあまあ忙しくしていた為

ゆっくりと歌詞に向き合う・・・

ちょっぴり大袈裟ですね。

そう、時間が作れず

今になってしまいました。

でも、連日の暑さですっかりんこ

お客さんが減っちまったもんで

こんな時間がとれるのです。

悲しいかな。


今日のお題は!

greenfieldsです。

The Brothers Four

というフォークソンググループの

1960年の曲です。

フォークソングをカヴァーっていう

ところがfaith no more らしいですね。


The Brothers Four



こんなゆったりとした曲です。

ちょっぴり物悲しいメロディーだな

と感じました。

そしてfaith no moreがカヴァーすると・・

何とも不思議な雰囲気になります。


なんでしょうか?

象がパオーンと鳴いている様な音。

途中、雨音?

なんて思っていたのですが

拍手の音ですか?

その後 Thank Youなどの

ちょっとしたセリフが

観客のざわめきと共に入ります。


私、最初に聴いて

昭和の歌謡曲っぽい、と感じました。

途中にセリフが入っていること

ゆったりとしたリズムが日本の

歌謡曲を思わせます!

拍手の音が雨音に聞こえるので

雨っていうのがまた日本を連想しますよね。

石原裕次郎さんなんかが

渋い声で歌っている・・・

そんなイメージです。

ほんと不思議なアレンジだな。


またPATTONちゃんの声が良いっ!

But・・・の声、聴きました?!

ひゃ〜〜〜〜ん、But何よ?

でも、何なのよーーーっ

すみません、興奮し過ぎですね。


では、歌詞にいきましょう。

TOME英語喋れません。

主に辞書を使って単語を拾い。

イマイチ分からない時はネットで

調べています。

後は想像で仕上げていくのです!

そりゃあ何回も何回も音を聴いて

自分なりにイメージに合う言葉に

置き換えていきます。

な〜んて真面目にやっているんだよ

こんな事を。

こんな作業が学生の時に出来ていたら

アタシはもうちょい賢くなれたかもなぁ。

では、明らかに訳に間違いがありましたら

教えて頂けると嬉しいのです。




Greenfields


Once there were greenfields...

kissed by the sun

Once there were valleys...

where rivers used to run

Once there were blue skies 

with white clouds high above

Once they were part of

 an everlasting hope

We were the lovers

 who strolled through greenfields


かつてそこは草原でした...

太陽に包み込まれていたのです

かつてそこは谷の町でした...

いつだってそこには川が流れていたのです

かつてそこには青い空と

ずっと高いところに真っ白な雲がありました

かつてそれらは決してなくなるはずのない

光のかけらだったのです

私達 愛する者達は草原を散歩したものです


Greenfields are gone now...

parched by the sun

Gone from the valleys...

where rivers used to run

Gone with the cold wind 

that swept into my heart

Gone with the lovers

who let their dreams depart

Where are the greenfields where we...

used to roam?


草原 今はない...

あの太陽が焼き尽くしてしまったのか

消えてしまったあの谷から...

川が流れていたのです

去ってしまった 私の中に吹き抜けた

冷たい風と共に

去ってしまった 夢を奪われた

恋人達と共に

どこに行ってしまったの あの草原は?

私達は...どこを彷徨っているの?


I'll never know 

what made you run away

How can I keep searching

when dark clouds hide the day?

I only know there's nothing here for me

Nothing in this wide world

left for me to see

But I'll keep on waiting ...′til you return

I'll keep on waiting until the day you learn


You can't be happy 

when your heart′s on the roam

You can't be happy until you bring it home

Home to the greenfields...and me

Once again


私には分からない 

あなたを去らせたものは何なのか

何時まで探し続けるのだろう?

暗い雲に隠れてしまったあの日を

ここに 何もないことだけは分かっている

何もないこの広い世界に

私は思い知らされたのです

でも 待ち続ける...あなたが戻ってくるまで

私は待ち続ける あなたが気付くその日まで

あなたは満たされない

魂が彷徨っているうちは

あなたに平穏はないでしょう

故郷へ戻れるまでは

故郷へ あの草原...そして私の元へ

もう一度


終わりです。


失恋話の内容にも思えますが

訳してみると、個人的な失恋の話

というよりも、もう少し広い

意味合いのような感じがします。


目には見えない

どうにも出来ない様なものに

大事な人を、永遠に存在すると

思われた日々を奪われてしまった。

でも、戻ってくるまで待ち続け

強く願い続ける。

そんなイメージを私はこの歌詞から

感じました。

皆さんはいかがかな?


そして、時代背景が気になり

調べてみました。

1960年の曲ですね。


ちょうど60年

南ベトナム解放戦線が結成され

南ベトナム政府軍とそれを支援する

アメリカ軍との戦いが始まります。


前年の59年は

ネバダ州で大きな核実験が行われています。


ですから、何となく市民の中には

何か良くないものが動き出したような

不安な雰囲気が漂っていた

と想像します。


faith no moreのアレンジはどうでしょう?

原曲をどう解釈して

あの不思議なアレンジになったのかな?

う〜ん、読み取れません!


最初にも書きましたが

拍手の音が雨音だと

思っていて、梅雨だしってことで

これの曲を選んだけど

雨音じゃなさそうで

梅雨もあけちゃったし・・・

なんだかなぁ。


さて次はどの曲にしようかな!


ではまた


チャオ

🌈









 




naked front of the computer Faith No More

  • 2017.05.21 Sunday
  • 17:00

こんばんは。

tomeです。さあ、久しぶりにやりますよ!

Faith No Moreの曲について、tomeが勝手に語ります。喋れないのに歌詞を訳します。

ここのところ毎回言っていますが、まだまだ

スマートフォンに慣れません。

youtubeの動画アップの方法を掴むのにも

もうすっごいすっごい時間掛かっちゃったんだから、最後まで絶対に読めよな!

という気持ちです。


スマホの小っこいこの画面。

誤字脱字があっても仕方がない。

間違えに気が付いても、直す気力ないですから、想像力働かして読みなさい。


そしてお題目は?

1997 album of the year から

naked front of the computer です。

この曲のタイトルをブログに書くのも

気分が悪い。

タイトルの意味が嫌な訳ではないんです。

知っている人は知っている。

知らない人は知らないままの方が良いです。


意味は、コンピュータの前で裸。

コンピュータの前で曝け出す。

歌詞の内容から、私の中では

コンピュータの前で馬鹿丸出し

です。


この曲は去年から考えていました。

何故かというと

どうしてもよく分からない

文があったんです。

今回もtomeが何かと頼りしている

Mさんに、!!!!というヒントをいただき

何となく頭の中のモヤモヤが晴れてきました。そして、米軍基地内でお仕事している方にも助けて頂きました。


その、何じゃコレ?!

な文とは・・・・

in how many ways and words

Can you say nothing


まずCanがこの位置にあること。

そして、?マークが文末に無い。

can you say nothingの意味も

分かる様な全然分からない様な。

アドバイスによるとcanが文頭にあったとしても?を付けない時もあるそうです。


それから、in howの文章が本来なら後で

Can youが先なのでは?

というMさんからの衝撃の意見!!

なるほどーー、tome思ってもみなかった

考え方で本当に衝撃でした。

が、よくよく歌詞を見てみると

頭のスペル in  だけが

まんまと小文字だったんです。

なのでMさんの考え方は大正解でした。

やはり凄いな、賢い方は柔軟なのですね。


そして英語に慣れている方にとっても

この文章は不思議だそうで

歌詞全体を読んでみないことには

何とも言えない。基地のアメリカ人に

聞いてみる、と言ってくれました。


お〜〜!!

歌詞も有難いけど

私がずっと気になっていたこと

Faith No Moreは本国アメリカでは

いったいどんな存在何だろうか?

日本じゃほとんどの人が知らないけれど

アメリカでは

「あぁ、Faith No Moreね。 変だよねアイツら」のような反応が返ってくる様なバンド

なのかな?

そして我等がPattonちゃんは

どの程度の知名度なのかな?

そんなどうでもいいことが知りたい。


そんなことなので

上記の部分の訳に注目してみて下さいね。

あと間違えあるようなら

ぜひぜひ教えて下さい。


では、始めます!


naked front of the computer



My box is full

And my month is full

And my life is full

Until the memory’s full


僕のボックスは満タン

口もとまで溢れてる

それで僕の人生は満たされる

やがてメモリーはいっぱいいっぱい


in how many ways and words

Can you say nothing

Millions of ways and words

To say nothing

In millions of ways and words

Can you say nothing

Millions of ways and words


数えきれないほどの方法と言葉

中身はなんにもないよね

無数の手段と言葉

発する必要もない

数えきれないほどの

方法と言葉があっても

中身ナッシング

無数の手段と言葉


What’d I say,and I’m empty


なんて言うかな まだ物足りないんだ


l bought the thing

I thought the thing

And I fought the thing


僕はそれを手に入れた

それで思考し

それでやりやったりもした


They said it’s normal

But They’s keeping me dump and hot

You’re missing something

keeping me dump and hot

You must be missing something

Keeping me dump and hot

You must be missing something

Keeping me dump and hot


やつらはそんなの普通だと

言っておきながら 

僕を飼育しているんだ 馬鹿と刺激

君は何かを見落としている

僕を飼い馴らす 馬鹿と刺激

きっと君は何かを見失ってるよ

僕を飼い馴らす 馬鹿と刺激

君には何かが欠けているに違いないね

僕を食い物にする 無知に刺激


What’d I say,and I'm empty ×2


なんて言うかな それでも物足りないんだ


And I'm sending it back to you×5


ボクがそうさせてる 君の後ろでだ


FAITH NO MORE 1997


終わりです。

訳してみて思いました。

曲名そのままの内容だなって。

1997年でしょ。

この頃のコンピュータ事情はどうだったのでしょうか?

私はこの頃、携帯電話すら持っていなかったのでさっぱり分かりません。


今は、そそのかされて

おかしな事をしてしまい

一生ネット上から消えない

なんてニュースで聞いたこともありますが

約20年前に、既に問題になっていたのかな?


丁度その頃か、少し前に

友達の彼氏が、パソコンを買うらしい

という話になって

勿論、私なんか

「パソコンって何する機械なの?」

なんて聞いちゃったりして

で、友達も

「色々な人、外国の人とも情報交換

をするんだってさ」


二人で大ウケ

「何の情報、交換すんだよ!?」

「お前はスパイかなにかなのか!?」

人の彼氏をボロクソ言って笑っていたけど

いや〜まさかまさか、こんな時代に

なるとはね〜、tomeちゃん驚きです。

スパイじゃなくても

情報交換するんだ。


そんなことなんで

皆さん、ネット上で口車に乗せられて

馬鹿なことをしない様に

いけない人達の食い物にされない様

気を付けましょうね。


tomeはこのブログで

自分の馬鹿さ加減丸出しだ。

もう手遅れですね。


最後は動画締めましょうね。



チャオ











PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM